歴史

室内

シャークスチームモップの歴史

これまで日本国内では多様なタイプのスチームクリーナーが販売されてきましたが、シャークスチームシリーズのクリーナーは日本だけではなく世界中で販売されてきた歴史があります。その販売台数はこれまで全世界を合計して5700万台以上にも及んでいます。 シャークスチームシリーズの製品の中でもシャークスチームモップは特に床を掃除するための専用の製品です。シャークスチームモップはスチームクリーナー市場において2年連続して売上が一位になった歴史を持っています。 シャークスチームモップは99.9パーセントを超える高い除菌能力を持っていることも、そうした人気の理由になっています。大きな音を立てずに清掃できるのも人気の理由です。

今後はどのように予測がされるのか

シャークスチームモップはこれまで国内でも多くの数を販売してきましたが、今後もより幅広い人に購入されることが予測されています。 シャークスチームモップの需要が高まる理由としては、アレルギー対策もこのクリーナーで可能なことがあげられます。春先などに部屋の中に入ってきた花粉を除去するために有効です。 シャークスチームモップが花粉をしっかりと落とせるのはスチームの温度が高温になっているからです。内部の噴出口の温度は100度にもなっています。この高温のドライスチームが花粉だけではなく、床に付着している菌を落とすのにも効果があります。 シャークスチームモップで床掃除をすれば、掃除機で吸いとるよりも高い効果が期待できるため、今後安定した売上が予測されています。