生まれ変わる

男の人

工事をするといくら支払うのか

住んでいる家、購入した家が老朽化したりライフスタイルを合わないと感じたら、リフォームで対応することが可能です。手を入れる箇所によって費用は異なりますが、横浜で行われるリフォームの価格帯を見てみると、小規模から中規模のリフォームは100万円から300万円程度、大規模リフォームでは500万円から1500万円程度がおよその相場です。 トイレや浴室などごく一部分を工事する場合、50万円前後で工事をすることが出来ます。 環境に優しい仕様のリフォームや介護のためのリフォームをした場合には、条件を満たしなおかつ締切られていなければ横浜市の補助制度や介護保険の給付金を受け取ることも可能です。そうなれば実質的なリフォーム費用の負担は軽減できます。

家を長持ちさせる工事

横浜は関東大震災や空襲でなんども被害を受けた場所です。 リフォームをするよりも、新しく家を建てることの方が需要がありました。 それが高度経済成長期で戸建て住宅だけでなく団地やマンションなどが増えていきました。 バブル期になっても、見知らぬ誰からが住んだ中古住宅よりも新築のほうが好まれるということで、家を取り壊した新し家を建てることが良く行われました。 それがバブル崩壊以降、経済的な理由から新築の家を手に入れるよりも、中古の家に手を加えたほうがいいということになりました。そこから横浜のリフォーム市場は次第に拡大していったのです。現在では、高度経済成長期やバブル時の家が老朽化して、耐久性に不安が出てきたので、リフォームへの需要が高まっています。また、全国的な水準からは低いのですが高齢化が進んでいることもあり、バリアフリー工事などが増えてきています。